HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
リンク

2014年2月11日(火) 北海道医師会館内にて   
   『クラウド医療情報システムセミナー』 を開催いたしました




(画像拡大)



(画像拡大)



 去る平成26年2月11日(火)に、札幌市の北海道医師会館において「クラウド医療情報システムセミナー」を開催いたしました。

 当日は、雪の舞う、足元の悪い中、11医療機関、ソフトウェアベンダー3社、セミナー受講者としては18名の皆様にお集まりいただきました。中には空路で釧路からご参加の医療機関様もおみえになり、ご参加いただきました皆様方には、主催者といたしまして、この場をお借りして、あらためて御礼申し上げます。


  
     【セミナー会場(道医師会館)から見る大通公園】


 セミナーは、講演と実機展示の形で行いました。

 講演は、セッション1として弊社から「ORCAの現状と動向」をお伝えさせていただき、それを受けてセッション2では株式会社サイバーリンクス様がORCAのクラウド利用を提案する「いつでもどこでも安全にORCAを」という講演を行っていただきました。


  次に、休憩をはさみ、セッション3でライフサイエンスコンピューティング株式会社様が「クラウド時代の電子カルテ」と題して、クラウドを利用することで、電子カルテを在宅診療に持ち出す等の利便性や可能性のお話しをいただきました。

 講演を締めくくるセッション4では、北海道上川郡新得町の医療法人社団 犖羅館 新得診療所 理事長である佐藤 夏子 先生より、「なぜクラウドシステムを選んだか」と題して、自院にサーバを置く従来型システムからクラウドシステムへ移行を決断した経緯や、実際に導入してみての御苦労話等をお話しいただきました。
 
【 セミナー風景 】
 
【 佐藤先生の講演 】
 
 お話の中では、私達ソフトウェアベンダーに対するご不満などもお話しいただけましたので、セミナーにご参加頂いた受講者の皆様方には非常に有益な内容であったのではなかろうかと思っています。
 

 実機の展示では、株式会社サイバーリンクス様(クラウドORCA2)、 ライフサイエンスコンピューティング株式会社様(OpenDolphinクラウド)、株式会社ムーブ様(再来受付機、診察券発行機、etc.)の出展協力を頂け、充実した展示を行う事が出来ました。

 展示ではモバイル回線を使用して実際にデータセンターとの通信を確立したうえで、クラウドORCA2やOpenDolphinクラウドのデモを行いました。また、出展各社様のご協力で、各システムを実際に連動した形で展示することができました。
セミナー受講者の皆様方に、より実務に近い形のデモをお見せすることができ、クラウド型のメリットである往診時の利用状況や、クラウド型における他システムとの接続など、より具体的にイメージしていただくことができたのではないかと思っています。
 

 


展示システム  

☆ 日医標準レセプトソフトORCA ☆
クラウドORCA2

☆ 電子カルテシステム (ORCAに繋がる電子カルテ) ☆
 

OpenDolphinクラウド

☆ ORCAに繋がるサブシステム ☆
・レセプト点検ソフト マイティチェッカー プロ アドバンス
・オルカ専用自動再来受付機 ORCASURA
・診察券発行システム R1-ORCA
・お薬手帳印刷システム ORP700
保険証自動読取システム カルテ君U
                         
 
 北海道医師会様の後援をいただき、多くの先生方にお越しいただけました。道医師会様のご協力に感謝申し上げます。
また、展示においても、いろいろなサブシステムがORCAを中心に稼働する状況が見られ、このような拡張性などもORCAの特徴の一つであると改めて感じました。
 ご協力いただきました株式会社サイバーリンクス様、ライフサイエンスコンピューティング株式会社様、株式会社ムーブ様に、あらためて感謝申し上げます。
 
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED