HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
薬剤情報統計帳票作成システム帳票カスタマイズ診察券発行その他

 Debian GNU/Linux 版

PETカード サーマル/ロイコ 対応版
厚型 サーマル/ロイコ 対応版

ORCARE診察券発行システム

ご提供価格 300,000.円より


ORCARE診察券発行システムの特徴

・ORCARE診察券発行システムは、 「日医標準レセプトソフト」から直接印刷が可能ですので、新たに、パソコンを追加する必要はありません。

・ORCARE診察券発行システムは、LANを利用し、カード発行機を制御します。そのため、カード発行機の設置場所を運用に合わせて自由に設定できます。

・ORCARE診察券発行システムは、カード面への印字だけではなく、同時に磁気エンコードもおこなっています。磁気データは将来的な院内IT化に役立てていただけます。

・既存システムに合わせるカスタマイズもお受けいたします。(別途費用が発生します。)

製品仕様等
製品名    :ORCARE診察券発行システム(Linux用ソフトウェア)
稼働環境   :日医標準レセプトソフト2.4.0 以降が稼動していること。
印字項目1) :患者番号、カナ氏名、漢字氏名、生年月日、性別 の5項目。
磁気内容2) :患者番号(10byte)、カナ氏名(24byte)、生年月日(8byte)、性別(1byte)、
         漢字氏名(18byte)、初診日/発行日(8byte) の6項目69byte
         JIS X6301−1979 U型準拠(物理特性)、
         JISコード SI,SOおよびKI,KO方式
対応機器   :スター精密  TCP300II TCP400(PETサーマルカード対応リーダ・ライタ)
                 :MOVE AR100 AR200(PETサーマルカード対応リーダ・ライタ)


1)、2)につきましては、カスタマイズ対応で変更できる場合がございます。
お気軽にご相談ください。

※ドッドウェルBMS ( プロメック) CP4300 / CP4600 / CP4800 対応版もございます。

※上記価格は「診察券発行プログラム(\100,000.)」 + 「カードプリンタ(\200,000.)」の例です。
※上記価格に、カードデザイン料、カード作成料は含まれません。別途必要となります。
  カードデザインやカード作成についても、承っておりますのでお気軽にご相談ください。
ORCARE診察券発行システムは、現在のところ弊社と保守サービスの契約を結ばれているお客様専用の商品となっています。
 一般販売も検討しておりますので、ご興味のある方はご相談ください。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED