HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
サポート実績無床診療所:導入事例有床診療所:導入事例病院:導入事例
医療法人社団 紫水会 藤井病院 様
※本ページ内の写真等は、藤井病院さまよりご提供いただきました。
病院外観

岐阜県不破郡関ヶ原町大字関ヶ原3238
  TEL : 0584-43-0032
  FAX : 0584-43-1793

45床(医療療養型病床)
  創立以来100年以上にも及ぶ歴史を有し、一貫して地域社会の皆様から「信頼され喜ば
  れる病院」をめざしつつ、常に研究を重ね、患者さんを大切に、患者さん中心で運営して
  いくことを基本理念とされております。
  環境の変化に積極的に対応し、一人ひとりの患者さんに、心の通った温かい気持ちで接
  し、地域医療に貢献できる医療を目指しております。

内科、神経内科、消化器科、循環器科、腎臓内科、皮膚科

ホームページURL
http://www.okbnet.ne.jp/~k-fujii/

サーバ2台での2重化構成で、7台の電子カルテとORCAをご利用になっております。
  薬局・検査室には それぞれプリンタを設置して指示箋の発行を行っております。

機器構成機器構成
★ 電子カルテ『REMORA』 7台
  ★ 日医標準レセプトソフト『ORCA』
  ★ レセプトチェックソフト『Mighty Checker』



(図をクリックで拡大表示。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。)
導入背景
藤井病院様は、日医標準レセプトソフト『ORCA』が提供開始となった創成期に導入をされております。
ORCAでの運用が安定している中で、ORCAと繋がる電子カルテを長期にわたり模索していたところで、 電子カルテ『REMORA』の存在を知り、2015年6月に電子カルテ『REMORA』を本稼働させた。

選定の決め手
既にORCAを使っていたので使用できるハードウェア資産があった。 また、ORCAの端末を入れ替えるタイミングで『REMORA』を導入したため、コストパフォーマンスが良かった。
先ずは外来だけで使用できる『REMORA』を導入し、運用が慣れてきた後で入院版の『REMORA』をステップアップして導入できるという方法が当院の考え方に合っていた。
現在 入院に関しては、紙カルテを使用しているが、この先 入院版の『REMORA』を視野に入れながら、最適な運用を考えております。

導入効果
REMORAからORCAの診療歴を参照してオーダができたため、比較的早く運用にのせることができた。
導入効果としては、
 @紙カルテを探す手間がなくなったこと
 A患者様に対して 過去にどんな薬をどのくらい出したかがグラフで表示できるようになっているので、
   すぐに把握することができるようになった。
 B電子カルテから、検査結果が時系列に見れたり、Jpeg画像が参照できるようになったので、
   より適切でかつ最良な診察ができるようになったこと。
他にも事務側での導入効果も多く見られるので、電子カルテを導入してよかったと思います。

今後に期待する事
当院のパソコンの得意な医師により、レントゲン、CT画像の取り込みが可能となったが、この機能を標準で最初から付属させて欲しかった。
非常勤の各Drにも操作性が分かりやすいと言われたが、どうしても最初は問合せが増えると思います。 どの医師から電話があっても、今まで通り 懇切丁寧な対応をお願いします。状況によっては医師の端末にリモートをしながら対応してください。
ソフトテックス社のサポートは、過去の問い合わせ内容の把握をしているので、どのスタッフが対応しても丁寧に回答してくれています。
サポート体制を重視させながら、岐阜県内の病院や診療所にたくさんの導入件数を増やしていってください。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED