HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
サポート実績無床診療所:導入事例有床診療所:導入事例病院:導入事例
医療法人 啓明会 相原病院 様
※本ページ内の写真等は、相原病院さまよりご提供いただきました。
病院外観

大阪府箕面市牧落3-4-30
  TEL : 072-723-9000
  FAX : 072-723-9052

31床、一日平均外来患者数約100名
  ブレストセンターでの乳がんの手術件数は、年間100以上で人工関節センターでの手術
  実績は人工膝関節置換術66件、人工股関節置換術113件と先進医療の手術設備まで整
  った医療機関になります。

外科、乳腺外科、整形外科、消化器内科、肛門外科、
  リハビリテーション科、麻酔科

ホームページURL
http://www.aiharahp.com/index.html

サーバ2台での2重化構成で、18台の電子カルテとORCAをご利用になっております。
  診察室が7部屋あり、同時使用台数でも比較的規模が大きな医療機関様になります。

機器構成機器構成
★ 電子カルテ『REMORA』 18台
  ★ 日医標準レセプトソフト『ORCA』
  ★ レセプトチェックソフト『Mighty Checker』
  ★ 予約システム
  ★ 外注検査システム
  ★ PACSシステム



(図をクリックで拡大表示。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。)
導入背景
相原病院様は、ブレストセンターと人工関節センターという二つの専門医療に特化して、高度な先進医療を顔の見える形で提供されております。 マルチスライスCT、デジタルマンモグラフィ、超音波検査など先進医療に対応した医療機器を導入する中で、電子カルテもシステム化しようと考えて、2006年9月にORCA導入後、2015年5月に電子カルテ 『REMORA』を本稼働しました。

選定の決め手
理事長
常勤医師6名に加えて非常勤医師も多数いる中で、直感的な操作が可能であったことが魅力であったこと。デモ機を拝借して、医師やスタッフに触ってもらったところ直観的な操作ができたので 抵抗なく、導入できると判断した。
ドラッグ&ドロップや右クリック等のWindowsライクな操作性と各画面は医師毎に自由にレイアウト配置が変更できるので、パソコンに不慣れや医師はシンプルな画面構成にしたり、医師の診療のスタイルに合わせて使用ができるのがよかった。
外来での導入が慣れてきたら、入院版にもステップアップできるので、従来のデータを生かしながら、スタッフが混乱せず、段階を踏んでの導入ができることも選定の理由になりました。

 院長
ORCAの資産を生かしながらREMORA導入ができたこと。REMORA稼働時はDoがなかったためREMORAからORCAの診療歴を参照して、当日のオーダに取り込めるため、スムーズに立ち上げることができた。
また、処方オーダに対して、適用病名のチェックを行い、適用病名がない場合は病名リストより適用病名をつけることが可能で、医事側のチェック項目を減らすことができた。
REMORAで診察〜会計までのトータル時間時間が短縮できると思い選定したが、実際に短縮でき、効率化もできている。

導入効果
 今までは、外来紙カルテを探すのに時間がかかっていた。電子カルテ導入で、端末設置場所であれば、すぐに過去の内容が確認できるようになった。とくに夜間や緊急時においては、患者IDを叩けば直ぐにカルテを参照できるため、必要性を感じております。
REMORAを導入したことで、ORCA、予約システム、レントゲンシステム、外注検査システムを全て統合して一元管理することができるようになり、登録ミスを防ぐことができるようになった。また、定期的なミーティングでも電子カルテが必須になっており、医師・看護師・事務のスタッフ間の連携もスムーズになっています。
細かいところでは、スピッツラベルに貼付する内容を全て手書き記載していたが、シールが発行されるようになり、検査指示箋と合わせてチェックすれば良いので、看護師の業務が簡素化された。
予約システムでチェックインすることで、REMORA/ORCAに受付情報が反映されるようになっており、事務にとっても有用でした。
REMORA導入後のサポートもORCA同様にソフトテックス社が対応してくれているので、スタッフ全員安心しています。サポート対応についてもカルテ端末にリモート接続してくれるので助かっています。

今後に期待する事
取り込んだ検査データをSOAPに張り付ける時に、複数の検査を選択したい場合はCtrlを押しながら選択しないといけないが、間違えると最初から選択し直さないといけないので、他の方法で 複数選択ができるようにして欲しい。
カルテ機能に比べると、オーダリングが弱い。例えば、オーダし忘れた処方を最後に追加でオーダすると、オーダ画面の一番下に入ってします。処方区分の下に入るように何とかして欲しい。
今後も使いやすさを求めて、要望をあげていきたいと思いますので、実現をお願いいたします。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED