HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
サポート実績無床診療所:導入事例有床診療所:導入事例病院:導入事例
医療法人 塚原整形外科  様
 
病院外観 山梨県甲府市丸の内2丁目9番14号
Tel:055-222-3890
Fax:055-222-3891

無床診療所

診療科:整形外科、リウマチ科、
              リハビリテーション科
 診療時間:月〜金 8:30〜12:00 14:00〜18:00
                土 8:30〜13:00
機器構成
・パソコン2台(受付2台)
・ブロードバンドルータ 1台
・レーザプリンタ 1台
・バックアップ装置(NAS)1台
・無停電電源装置2台
医院長先生のコメント
院長

   塚原先生は、整形外科をメインとして日々患者様の診療をされています。
また、「日本整形外科学会認定スポーツ医」として、地域の診療を支えていらっしゃいます。

 スタッフの方を含め、笑顔の絶えない非常に明るい雰囲気の医療機関様です。
機器構成
 

   
(インタビュー形式となっております)
Q1:ORCAを選択した理由は?
A1:日本医師会が推進するプロジェクトであり、将来的にも安心して使用が出来る事。
 日本医師会がORCAプロジェクトを推進しており、その中のORCA(日医標準レセプトソフト)であれば、医師会からのバックアップもあり、将来的にも安心して使用することが出来ると思い、ORCAを選びました。
 また、既存メーカーから新しいシステムを購入しないと保守対応ができないと言われたことも入れ替えを決意した要因の一つですね。
 もちろん、ORCAのソフトウェア自体は無料で公開されているので、導入費用を抑えることができることもORCA選択の大きな理由です。

Q2:弊社から導入するきっかけとなった点は?
A2:サポート体制を重視して、県内導入件数の多い業者を選んだ。
 ORCAを扱っている業者は多いので、その中で一番サポートをしっかりやってくれそうな業者を探していました。
 そこで、県内の導入数が多ければサポート体制も整っていると考え、県内で導入数の一番多いソフトテックスにお願いすることにしました。

Q3:導入する上での問題点は?
A3:特に問題は感じなかった。
 特に問題はありませんでした。
インストラクターの方が、丁寧に説明をしてくれて分りやすかったです
また、他の医療機関の操作指導の日にも寄って、問題はないかなど聞いてくれたので安心して導入することができました。

Q4:ORCAになって変わった点は?
A4:何か問題があれば、リモート接続(遠隔操作)で内容を確認していただける点。
 やはり一番変わった点は、オルケアセンター(*1)から、リモート(遠隔)サポートを受けられるようになったことです。
これにより、電話でやり取りする時間が短くなり、問題解決までが早くなりました
入力画面などについては前のレセコンと異なる部分もありますが、慣れていけば問題はないと思います。



(*1)弊社が開設しているORCA専用のヘルプデスク(サポートセンター)の名称。

担当者のコメント
 診療時間内にORCA講習を行い、入力方法を習得していただくという状況ではありましたが、事務員さん同士で習得した内容を共有していただくことができました。
また、入力を行っていく上で発生した問題点についても、皆様と解決策を見出すことができました。
本稼働前に疑問点を1つでも少なくできた甲斐もあり、平成22年3月1日に迎えた本稼働や本稼働1ヶ月後の診療報酬改訂も、トラブルが起きることなく迎えていただくことができました。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED