HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
サポート実績無床診療所:導入事例有床診療所:導入事例病院:導入事例
医療法人社団 健雄会 石村内科 様
 ※本ページ内で使用している写真の一部は、石村内科さまよりご提供いただきました。

病院外観 岐阜県岐阜市日光町9-7-1
Tel:058-232-670
Fax:058-294-2232

無床診療所

診療科:内科
 診療時間:月〜土9:00〜12:00
 月・火・木・金16:00〜19:00

医療機関情報(ホームページURL):
http://nttbj.itp.ne.jp/0582326700/index.html
機器構成機器構成
・パソコン3台(受付2台,診察室1台)
・ブロードバンドルータ 1台
・レーザプリンタ 1台
・バックアップ装置(NAS)1台
・無停電電源装置2台
医院長先生のコメント
院長
 石村先生は、内科をメインとして日々患者様の診療をされております。
 5年前に院内を改修し、車イスのままでも診察が受けられるような造りなっています。
 最近では、往診も実施しており地域医療に貢献されています。 
(インタビュー形式となっております)
Q1:ORCAを選択した理由は?
A1:OSに依存されない事。
 既存レセコンのOSがWindows2000であったが、MicrosoftのOSサポートが終了するたびに、次期OSに対応したレセコンに有償でバージョンアップしなければならなかった。
ORCAで使用しているLinuxOS(*1)はOS自体は無償で提供されているので、作業費のみで移行できる事。
これは、あまり周知されていないが、メーカー製のレセコンと異なるORCAの一番の特徴であると認識している。

Q2:弊社から導入するきっかけとなった点は?
A2:ORCAを使用している先生に紹介された。
 岐阜地区をサポートしているORCAベンダーがないかと近隣でORCAを使用している先生に聞いた結果、ソフトテックス社を紹介された。

Q3:導入する上での問題点は?
A3:既存レセコンからのデータ移行。
 すべてのデータが移行されるわけではなかったのである程度の登録作業が発生した。並行稼動時期を設けて、コツコツと入力作業を行った。
 また、ソフトテックス社が短縮コードやセット項目の入力支援をしてくれたので目標の時期に、問題なく本稼動ができた。

Q4:ORCAになって変わった点は?
A4:何か問題があれば、リモート接続(遠隔操作)で内容を確認していただける点。
 医院で操作している画面そのものをオルケアセンター(*2)から確認してもらえば、解決までの時間が早い。

Q5:今後、ORCAベンダーに期待する点は?
A5:サポートが重要だと思います。
 リモート接続では対応できないハード障害等が発生した場合は、直ぐに対応をして欲しい。
今後は、サポート力のあるベンダーが、シェアを拡大していくのではないかと思います。



(*1)ここではORCAが稼動する、Debian および Ubuntuを指している。
LinuxOSは、種類が多数あり、その中には有償のLinuxOSも存在する。

(*2)弊社が開設しているORCA専用のヘルプデスク(サポートセンター)の名称。
保守契約締結顧客は、フリーダイヤルの電話やFAXを利用し問合せを行える。
サポート時間内は、日医認定のシステム主任者とインストラクタが各々複数名常勤し、問合せに対応する。
尚、オルケアとは弊社の提供するサポートサービスのブランド名。
担当者のコメント
 ORCAの機器を導入した2009年9月直後、新型インフルエンザの大流行で日常業務が大忙しとなり、ORCAの習得どころではない状況に陥ってしまいました。弊社でも、果たして無事稼動できるかどうか心配しておりましたが、皆様がコツコツと習得していただいたお陰で、本稼動を迎えることができました。皆様の頑張りに大変感謝しております。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED