HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
最小機器構成標準機器構成クライアント・サーバ型機器構成
ORCARE Premium(月間レセ枚数:2,000枚以上)
サーバ専用機と、入力用端末として1台以上のパソコンを利用するタイプです。
サーバ機 この構成は、24時間稼動のサーバを利用することで大規模なシステム構成をできます。
40万円程度のサーバ機でクライアント8台程度、100万円程度のサーバ機でクライアント20台程度を想定して頂ければ、ストレス無くご利用頂けると思います。*1)
  実質的に3台以上の入力端末を必要とする場合や、30床以上の病床を持つ病院での導入は、この構成をお奨めします。
ブロードバンドルータ 他の構成とと同様にブロードバンドルータを設置することで弊社からのリモートメンテナンスを可能にしています。
外付けハードディスクドライブ 障害時は外付けハードディスクドライブ装置にある日々のバックアップからデータを復旧します。だだし、サーバ機とクライアント機では性能差が著しいので、標準機器構成の場合の様にクライアント機をそのままサーバ機としてご使用いただくことはできません。
迅速な障害復旧を必要とされる場合はサーバと同機能をもつ機器をもう1台追加し、ミラーサーバとして稼動させておくことで、サーバに障害が発生した場合、弊社からのリモートメンテナンスによりミラーサーバを通常のサーバとしてご使用していただけます。
これにより、数時間のうちに業務を再開していただくことが可能となります。*2)
*1) 導入されるプログラム、同時稼動する処理などの条件により変動します。
*2) すべての場合において、リモートメンテナンスによる障害復旧を保証するものではありません。
また、障害の度合いにより数時間で復旧できない場合もございます。
データは正常なバックアップ処理時点の状態に戻ります(最長1日前)。
なお、クライアント機の故障で業務が止まることはありません。
 
クライアント・サーバ型機器構成
導入コスト

ある程度高性能なパソコンが1台と、万が一の時サーバ機能が果た
せるパソコンが1台必要なため若干コストがかかります。

障害復旧 システム規模が大きい為、それなりのコストを投資しないと、安全性
が低くなります。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED