HOME 電子カルテ ORCAREとは 導入事例 機器構成 周辺システム 関連リンク お問い合わせ
最小機器構成標準機器構成クライアント・サーバ型機器構成
ORCARE Standard (月間レセ枚数:3,000枚前後まで)
  入力用端末として2台のパソコンを利用するタイプです。

ブロードバンドルータ 1台構成時と同様にブロードバンドルータを設置することで弊社からのリモートメンテナンスを可能にしています。日医標準レセプトソフトの動作が不安定な場合や、操作ミスによる障害などにもオンラインですばやく対応できます。
外付けハードディスクドライブ この構成の最大の長所はパソコンの故障時の障害復旧方法にあります。
データを管理しているサーバが故障した場合、弊社からリモートメンテナンスを行ない、クライアントパソコンの設定を書換えて、外付けハードディスクドライブ装置にある日々のバックアップからデータを移行し、そのままサーバ機としてご使用いただける様にいたします。*1)
これにより、数時間のうちに業務を再開していただくことが可能となります。*2)
*1) データは1日前の状態に戻ります。
*2) すべての場合において、リモートメンテナンスによる障害復旧を保証するものではありません。
また、障害の度合いにより数時間で復旧できない場合もございます。
なお、クライアント機の故障で業務が止まることはありません。
 
標準機器構成
導入コスト ある程度高性能なパソコンが1台と、万が一の時サーバ機能が果た
せるパソコンが1台必要なため若干コストがかかります。
障害復旧 業務停止状態からいち早く復旧が可能です。
ホーム
株式会社ソフトテックス COPYRIGHT(C)2007 SOFTTEX CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED